株式会社バンザン
採用サイト

宮野

ご家庭からの「ありがとう」。 ひとりひとりを大切に、 私の仕事は、寄り添う仕事。

カスタマーサービス

カスタマーサクセス部
カスタマーサービスチーム

宮野Miyano

旅行代理店から、バンザンへ。活かせること、たくさんありました。

旅行代理店で窓口業務の仕事を12年間経験した後に、バンザンへ転職。最初は、営業職に就くつもりで面接を受けていたのですが、山田社長から「宮野さんはカスタマーサポートが向いているんじゃない?」とアドバイスをいただき、カスタマーサポートの仕事を選びました。旅行代理店から、教育業界への転職と聞くと、仕事内容が大きく異なると思うかもしれません。でも、「目の前のお客様を大切にする」という点では、今のカスタマーサポートの仕事とやっていることは変わらない。もともと、教育免許を持っていて、教育に関わりたいと思っていたんです。だから今こうして、生徒さんたちと向き合い、ご家庭に寄り添うような仕事ができて、嬉しく思います。

バンザンには、長年蓄積された教育ナレッジがある。

前職の経験もあり、電話やメール対応などのコミュニケーションに関しては慣れるのに時間はかかりませんでした。でも、学校や教育に関する知識は0からのスタート。入社してしばらくは、マネージャーが必ず隣にいてサポートしてくださり、いろいろなことを聞きながら知識を身につけていきました。バンザンの皆さんって本当にみんな教育に関するノウハウが豊かなんです。日本中の学校のことをよく知っているし、受験に関するトレンドも把握している。ただ、こういったノウハウが社員全員が共有できる情報として整理しきれていないところもあるので、今後私のように知識が少ない人が入ってきてもいいように、ナレッジを可視化していきたいとも思っています。

宮野

大事なのは、生徒本人の満足度。納得のいく進路選びを。

ご家庭から進路相談を受けたり、志望校について聞かれることがよくあるのですが、私たちの方から「この学校を受けた方が良いですよ」と無闇におすすめをしないようにしています。なぜなら、お子さん本人の意思を尊重してほしいと思うから。いつか、子どもは自分の人生を自分で選択しなくてはならない時が来ます。誰かがレールを敷いて、その上を歩いてもらうだけでは、その子自身が何をやりたいかがわからなくなってしまう。偏差値の高い低いではなく、お子さんの心が満足するような進路に進んでほしいんです。目の前の人を満足させることが、結果的に会社の業績にも繋がっていくのだと思っています。

「ありがとう」と直筆の手紙。こちらこそ、ありがとうございます。

「子どもが授業中に寝てしまう」「成績があがらない」という悩みを持ったお母さんのご対応をさせていただいたことがありました。そのお母さんは、子どもの受験自体が初めて。どうにかしなきゃとは思うけど、どうしたらいいかわからない。かなり思い詰めていらっしゃる状況でした。私も一緒になって解決策を考えたいと思って、時には1時間以上話を聞いたことも。最終的には、お子さんに合った指導方法にするために講師を変更。受験を終えた後、お母さんから「どん底の時にお話を聞いてくださってありがとうございました。」と直筆のお手紙が。バンザンのサービスを利用してくださるご家庭を最後までフォローすることができる。それが、バンザンのカスタマーサービスという仕事の魅力なのではないでしょうか。

gotop