株式会社バンザン
採用サイト

坂本

つまっていたら水は流れない。 新たな仮説をすぐ設計・実行。 気持ちに添うマーケティングを。

マーケティング&プロモーション

集客プロモーション部

坂本Sakamoto

生徒募集と講師募集。どちらも担当しています。

生徒募集のプロモーションを担当しながら、講師募集のオペレーション管理の仕事も担当しています。普通の会社だったら違う部門が担当すると思うのですが、バンザンではおなじ部門が担当する。生徒募集も講師募集も、相手が違うだけで本質はおなじ。バンザンの魅力を伝えるという点ではおなじ。両方の募集をおなじ部門が行うことで、ブレない判断ができる。理にかなった仕組みです。

仮説をたてる。お客様の気持ちになって考えてみる。

生徒募集も講師募集も、既存のやり方があるわけですが、日々ブラッシュアップを重ねています。問い合わせ数、反応率などの数字も大事ですが、アナログの検証も大事。たとえば、お客様の気持ちになって、問い合わせプロセスを再チェックしてみる。お問い合わせ後にお送りする資料の内容は適切か?そもそもペルソナは合っているのか?新たな仮説が組み立てられたら、経営陣に即提案。すぐに実行できるスピードがバンザンの一つの強みです。

坂本

私立中学と公立中学に通われるご家庭の違い。

マーケティングは水道とおなじです。つまりがあると、流れる量が減る。意外なところにボトルネックがあったりするので、水の経路を確認して、しっかり流れる水路を設計します。ちなみに私立か公立かで、教育に関する悩みや考え方が違うこともあるので、前提知識は必要です。中学受験をへて私立中学に通われているご家庭は、感度が高い方が多く、内部進学の可能性なども踏まえつつ学力・成績をみている。一方で、公立の場合は苦手科目や勉強の遅れなどを懸念されている方が多い。ご家庭の痛み、ご本人の痛みを本当にわかっているのか?その気持ちに寄り添い、解決していくこと、すごく大事にしています。

文章を書くことが好きな人、チャレンジを楽しめる人。

文章を書くことが好きな人、向いていると思います。論理的に整理する。お客様のことを想像しつつ言葉を選ぶ。それってコピーライティングのスキルです。課題を楽しめる人も向いていると思います。余談ですが、転職前はかなりハードワークだったので、家族が私の健康のことをずっと心配していました。バンザンで働き出してからは、心配がなくなったのが良かったと言われています。朝の出勤時間も早くない。残業も多くない。ゆっくり夕食をつくることもできる。SNSで美味しそうなレシピを見つけて、自分で試したり。人生が充実するってこういうことだなと思っています。

gotop