株式会社バンザン
採用サイト

南

ブライダル業界から、教育業界。 「あの子がこんなに喋るなんて」 私らしい、心を開く、営業職へ。

営業

家庭教師(オンライン&訪問型)

Minami

「オンライン指導ってどうやってやるの?」からのスタート。

教育に関する知識といえば、自分の学生時代の記憶くらい。家庭教師もオンライン指導のことも詳しく知らないまま入社しました。しかも営業未経験。本当にやっていけるのか心配していました。山田社長は「バンザンの営業は社員任せの放任じゃなくて、ちゃんとロジックがあるから大丈夫だよ」と。社長直伝の営業研修。入社後のプログラムが具体的でしっかりしていたのは、とてもありがたかったです。

トントンとノックして、心の扉をあける仕事。

勝手な想像なのですが、入社前、営業は“親御さん攻略”の仕事なんじゃないかとイメージしていました。でも、違った。もちろん親御さんとの対話は大切です。でも、結局は本人次第なんです。本人がやる気にならないと前に進めない。中には前に通っていた塾に入る時に、魅力的な謳い文句に惹かれたのに全然成績があがらずに傷ついているといった子もいる。だから、まずは本人の心にそっとノックすること。好きなことや最近面白かったことを聞いてみたり、おすすめされたyou tube をチェックしてみたり。ちょっとしたことが、心を開けてくれるきっかけになったりします。

南

どんな仕事にも、心をのせて対応すること。

関東在住で私立の一貫校に通うある男の子。受験して入学したものの、成績があがらず困っていました。本人は頑張っているのに、塾に通っても上がらない。ご両親と本人と私で四者面談。俯きがちだったその子が突然口を開いてくれました。ご両親はとっても驚いたご様子。ご契約の際には「あの子があんなに喋るなんて思ってもいませんでした。先生は南さんじゃないんですか?」とまでおっしゃてくださいました。どんなシーンのどんな仕事でも事務的にこなさない。気持ちをのせて対応する。だからこそ「バンザンを選んで良かった」と思ってもらえるんじゃないかと思っています。

誰かの目標にしてもらえる人になりたい。

ありがたいことにお問い合わせが増えています。営業メンバーの数が足りないので、毎日みんな必死。先輩方もすごく頑張っていてリードしてくださるので、私も早く成長したいと思っています。男性の営業はどっしり構えていてすべてを包んでくれそうな安心感があると思うんです。私は私なりの安心感をつくれるように頑張っていきたい。今はまだ未熟な存在ですが、ゆくゆくは誰かの目標にしてもらえる人になりたいと思っています。

gotop